FC2ブログ
2014-08-21 17:35 | カテゴリ:未分類

いったんむくむとますますむくみやすくなるの?

いったんむくむと細胞への養分の取り入れや、老廃物の排出も上手くいかなくなるのでさらにむくみが悪化しやすくなります。

むくみは慢性化しやすいので気をつけてくださいね。

自分自身に実践したからこそ言えるむくみ解消の真実はコレです!



 毎日うだるような暑さが続くこの時期、紫外線や冷房による乾燥で、女性の肌ダメージは深刻だ。この“肌の夏疲れ”、適切なケアをしないで放っておくと、ひと夏で3歳も老けてしまうという指摘もあるほど、肌にとって怖い存在。そんな夏疲れ対策として、最近美容意識の高い女性の間で話題となっているのが“肌の免疫力”なんだとか。



◆真夏の強力な紫外線で肌はボロボロ…

 夏の紫外線量は冬の2倍ともいわれるほど、たくさんの紫外線が降り注いでいる。肌の奥の真皮にまで侵入してシミやシワを作ってしまう紫外線から、肌を守ろうとして発生するのが“活性酸素”。しかし、この活性酸素こそ、メラニンを増やしたりコラーゲンの生成を妨げるなど肌トラブルの原因で、肌をサビさせて細胞のDNAを傷つけてしまうやっかいもの。

 肌が傷つくと、毛穴から外敵が侵入しやすくなってにきびや吹き出物ができたり、乾燥肌や敏感肌になってしまうことも。そこで外敵が侵入してこないよう、ブロックするために必要になってくるのが“肌の免疫力”だ。偏った食生活やストレス、疲労によって免疫力は低下してしまうため、夏バテしてしまうこの時期こそしっかり対策することが重要となる。

◆肌に活力を!限定メニューで免疫力アップ

 免疫力を高めるにはどうすればいいのかというと、“抗酸化物質”を多く含む食材を摂ることが大切。抗酸化物質が豊富な食材には、緑黄色野菜をはじめとした野菜や大豆、牛肉、麹、緑茶、オリーブオイルなどがあり、それらを摂取することで活性酸素を取り除いてくれる。

 嬉しいことに最近では、免疫力を高める食材を使ったレシピで健康な肌へと導いてくれる「免疫美食レストラン」が登場。和牛のTボーンステーキやエイジングビーフ(熟成)などで有名な「格之進F」では、期間限定メニュー「熟成黒毛和牛サーロインステーキ〜フレッシュトマトのケッカソース 塩麹入り〜」を提供する。牛肉の赤身はカラダを温めて免疫力を高めてくれるほか、エイジングビーフはアミノ酸が豊富に含まれるため、さらなる免疫力アップが期待できるといわれている。

 有機野菜と発酵を生かしたナチュラルフードが自慢のレストラン「たまな食堂」も、肌に良い素材を意識した新メニュー「肌がよろこぶ美菜プレート」を期間限定で提供する。野菜グリルには塩麹と一番搾りのオーガニックEXヴァージンオリーブオイル「エーゲの輝き」を使用。発酵食の麹とオリーブオイルに含まれるオレイン酸やポリフェノールが、野菜の旨味を引き出すとともに肌の調子を整えてくれる。

 そのほかにも、免疫力を上げるための秘訣を紹介するWebサイト「免疫美人Labo 」など、“免疫力”について学べるサイトも。この夏は肌の免疫力について学んで、健康な美肌を手に入れてみては?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140812-00000332-oric-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

出勤前はお気に入りの靴が楽に履けたのに夕方になるときつくなるってこと、ないですか?

我慢できないむくみ!

ひどいと靴下の履き口ゴムの跡が数時間経ってもクッキリ残ったりしませんか?

びっくりするくらいスッキリ!むくみの無いカラダを手に入れる!!

正しいリンパ浮腫ケアの実践方法とは?






【カロリー専科生粋(イキイキ)ぞうすい】のひみつ?

スポンサーサイト



2014-08-21 17:27 | カテゴリ:未分類

酷いむくみの悩みを1日も早く解決したい...

原因と症状から今までになかった正しいリンパ浮腫ケアの実践方法です!!

むくみのない身体を手に入れる!!1日3分即効リンパマッサージとは?



 夏は、紫外線・冷房による冷えや乾燥などのストレスが多くなる。オルビスは30日、「フェイシャルケア」に関する調査結果を発表した。調査期間は7月11日〜14日で、20〜30代女性500名から回答を得た。



■“がっかり顔”の実態……「顔がむくんでいる」56%、「肌がくすんでいる」41%

 まず「ふだん(平日)、何時に寝ているか」を聞いたところ、「深夜0時」が32%で最多。それ以降の時間帯もあわせると、「深夜0時以降」に寝ている人の合計は60%となった。「夜時間」の過ごし方を具体的に聞いてみると、「仕事や飲み会で帰りが遅くなり、眠る時間が深夜になることが多い」「睡眠時間が少ない上に、家事や育児で疲れているときはスキンケアもないがしろになる」などの回答があがった。

 こういった生活だと、翌朝の顔の状態が“がっかり顔”(=日中の自分の顔よりも見た目が悪く、がっかりしてしまう残念な状態の顔)になる人も多いだろう。実際、「朝の起き抜けの顔が、“がっかり顔”になってしまった経験はありますか?」と質問すると、70%と大多数の女性が「ある」と回答している。「起き抜けの顔が“がっかり顔”になる頻度」としてもっとも多かったのは、「週に1〜2日」で28%。さらに、「週に5日以上」と答えた人も22%にのぼっており、5人に1人は、ほぼ毎日“がっかり顔”を実感しているようだ。「起き抜けの顔が“がっかり顔”になりやすい季節」としては、「夏」と回答した人が46%ともっとも多く、やはりこれからの時期は特に注意が必要なようだ。

 「起き抜けが“がっかり顔”だったときの、顔や肌の状態」について詳しく聞いたところ、もっとも多かったのは「顔がむくんでいる」で56%。「目の下にクマができている」48%、「目がはれぼったくなっている」44%に続き、「肌がくすんでいる」41%が続いている。

 一方で「朝の“がっかり顔”を解消するための対策が十分にできていると思いますか?」という質問で「できている」と答えた人は12%と1割台に留まっている。「朝の洗顔方法」についても聞いたところ、もっとも多かったのは「水(またはお湯)で洗う」44%で、洗顔料や石鹸を使わず、そのまま水だけで済ませてしまう人が半数近かった。

■オルビス考案のオリジナルメソッド「朝の“ジェル洗顔”体操」

 朝の「がっかり顔」の大きな原因の1つと言えるのが「くすみ」。今回の調査でも、多くの女性が、朝「くすみ」を実感していた。「くすみ」の原因の1つは、乾燥、肌のターンオーバーの乱れによる角質肥厚だという。特にこの季節、冷房による乾燥や、冷たいものの摂りすぎで血行が悪くなることで、「夏ぐすみ」を感じている女性は多いと予想される。

 この現状に対しオルビスでは、“がっかり顔”を解消する手段を提案すべく、『ブライトニングジュレウォッシュ』を使った洗顔と「フェイシャルヨガ」を組み合わせたオリジナルのメソッドである「朝の“ジェル洗顔”体操」を考案したという。 現在、人気動画クリエイター・「Choicerish」こと、“ちひろ”による「朝の“ジェル洗顔”体操」レクチャー動画も公開している。

 ジェル洗顔は泡立てる必要がなく、何かと忙しい朝でも手軽に使え、洗顔の時短を実現している。また「フェイシャルヨガ」を通して、しっかり顔の筋肉を動かすことで、血流がよくなり、むくみの改善につなげることができるという。

 さらにオルビスでは、体操のなかで使用している、オルビス ユー『ブライトニングジュレウォッシュ』のプレゼントキャンペーンも実施中。100名にプレゼントするというものだが、「朝の“ジェル洗顔”体操」レクチャー動画を最後まで見て、応募フォームのクイズに正解すると、当選確率が2倍になる仕組みとなっている。キャンペーンは8月18日まで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000015-rbb-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

「足のむくみ」に対してどのような対処が取られているかを調査してみると...

ほとんどの人がマッサージや入浴など自身での対処にとどまっており、専用の靴下やサプリメントの利用は全体の2割程度しかありません。

また、その効果についても8割の人が満足しておらず、効果が実感できない割に「手間、時間、費用」がかかりすぎると感じている人が多いことがわかりました。

むくみの原因を解明!!そこでわかった顔も手も足のむくみのない身体を作る方法とは





酷いむくみの悩みを1日も早く解決したい...

むくみのないカラダへGo ahead (^_-)-☆

2014-08-17 15:14 | カテゴリ:未分類

これほどラクになるなんて思いませんでした!!

むくみのない身体へ開放させたプロのセラピストが考案したからこそデキる凄いメソッドとは?



※この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。

 「健康マニアな人の中では常識かもしれないんですけど、食べる順番を変えるだけで痩せるって、僕、最近知ったんですよ。でも、僕みたいな仕事一筋のビジネスマンっていっぱいいると思うんです。だけど、本当は、そういう人たちにこそ食の知識って必要じゃないですか。そういう人たちに届くように書いてほしいんです」

 これまで数々のベストセラーを世に送り出しながらも、食や健康に関する書籍を担当するのは初めて、という担当者からの声掛けで、拙書「10年後も見た目が変わらない食べ方のルール」がPHP新書より刊行される運びとなりました。

 「この基本を知るだけで、あなたの容姿、脳の働き、人生までが劇的に変わる!」

 帯に書かれたこの言葉を最初に見たとき、一瞬、「ちょっと大げさではないだろうか」とドキッとした後、これまで出会ってきたクライアントのことを思い出し、「間違いのない事実」とすぐに思い直したものです。

 「ただでさえ忙しいのに、食事になんて気を向けていられないよ」と口にするビジネスマンは少なくありません。第一、10年後も今と見た目が変わらない自分でいることが、ビジネスマンとしてのキャリアにどのようなメリットをもたらすのかなんて、普段はあまり考えないものです。ただ、メリットに感じることは人それぞれだとしても、デメリットになることは何もない、というのは誰にでも共通して言えるはずです。

 恥ずかしながら栄養士になる以前、私には今より25キログラムも太っていた時代がありました。正直に申告すると、栄養士になった後も10キログラム以上太ってしまったことがあります。見た目で評価は変わる……そのことを身をもって体験した者のひとりです。同時に、体重だけを切り取ってみて「太っているからダメ」「痩せているから良い」という短絡的なものではないことも痛感しました。体重計が教えてくれる食生活の通信簿は、見た目という一点にとどまらず、多面的な影響をもたらしました。

 現状において太っているからいけないわけではなかったのです。自分にとっての適正体重よりも太るような食べ方をし続けることがいけなかったのです。なぜならば、それは、老化を促進させる食べ方とイコール(=)になるから。また、脂肪をどんどん蓄積するような不健康な食べ方をしているのに、臓器のひとつである脳だけが健康でパフォーマンスよく動けるわけもありません。脳が正常に機能しなくなれば、メンタル面も負の要素を引き受けることになります。

 ビジネスマンの多くは、「仕事」と「食」を切り離して考えます。仕事が忙しいとすぐに食事なんて二の次になるし、仕事のストレスがたまれば暴飲暴食をすることもあります。それがどれほど仕事の効率を下げていたのか、いかに良質な睡眠や体が楽に動く感覚を奪っていたのか、を知るのは、食生活を変えた人だけが知ることのできる世界です。

・食事が変われば、体調が変わる
・体調が変われば、モチベーションが変わる
・モチベーションが変われば、体型が変わる
・体型が変われば、身に着けるものが変わる
・身に着けるものが変われば、所作 が変わる
・所作が変われば、周りの認知が変わる
・周りの認知が変われば、自分が変わる

 その好循環サイクルに入るいろはを、本書では実例とともに伝えています。ただ、本書が一般的な健康本と異なるのは、極端な食事制限や食事法ではないということ。基本中の基本であり、学生時代、家庭科の授業で習ったことの復習とも言えるようなこともあります。でも、かつては学ぶことがなかった、「疲れを見せたくない人の“これだけは”ルール」「外食術」「休日を台無しにしないお酒の飲み方」など、大人になったわれわれに必要なスキルについても言及し、今の生活スタイルを変えずにできることを提案しています。

 「かっこよく」もしくは「美しく」そして「いつまでも若々しくありたい」と思わない人はそんなにいないはずです。それでも、食事に気を付けることができない大きな要因には、誘惑にうちかつだけの精神力やモチベーションがないことがあげられるでしょう。

 だからこそ、「食べるものを制限する代わりに食べ方に気を付ける」「量を減らす代わりに食べる順番に気を付ける」というような、誰しもが超えられるハードルまで下げました。本書の後半には、本当にシンプルな基本のルールを紹介しています。中には、そのルールを実践するにあたり、食べる量が増えたのにもかかわらず体重を落とした人も少なくありません。居酒屋に行っても、おやつを食べても痩せるんだ、と不思議な感覚を味わう人も多くいます。

 昼のスタミナ飯はスタミナがつくが、夜のスタミナ飯はかえってスタミナを奪う、早すぎる夕食はかえって太ることもある……など、留意すべき点について触れたことの中には、意外なこともあるかもしれません。

 つい最近も、食事制限をせずに、筋肉量を維持したままで、4か月で6キログラム落とした経営者からは「今が人生で一番楽しい。最高のパフォーマンスを出せている」というフィードバックがありました。どこにいっても「イケメン経営者」と言われるようになったそのクライアントは、傍目にも、好循環サイクルに入っていることが分かります。

 忙しい人ほど、時間と労力をかけずにかっこいい体を作りたいはずです。そして、見た目もマネジメントのひとつです。良い見た目の下地には、体の中から健康であることが必要ですし、健康であり続けることは、人生設計をする上で大事なパーツとなります。でも、健康になることがゴールなのではなく、思い描いた人生をおもいっきり生きて、幸せになることなのだと思います。

 書いた本人が言うのもおかしいですが、本書は、健康マニアにはおすすめしません。知識の伝達ではなく、実践するために書いたスタートアップのための本だからです。「最低限の努力と最小限の時間で効率よく結果を出したい人」「食生活を変えるにあたって、成功イメージを描きたい人」「出口がないように感じるスランプに陥っている人」「これまで何度となくダイエットに失敗してきた人」にこそ、ぜひ読んでほしい一冊です。食が自分にもたらしてくれるさまざまな可能性を実感してくださることを願っています。

●著者プロフィール:笠井奈津子

栄養士、食事カウンセラー、フードアナリスト

都内心療内科クリニック併設の研究所で食事カウンセリングに携わり、これまで10,000通り以上の食事記録をもとに栄養指導をしてきた。現在は、心と身体のケアを専門にフリーランスの栄養士として活動をしている。多忙なビジネスマン向けのリアルなアドバイスには定評があり、執筆や講演なども行う。また、作り手のストレスをなくすことも大事、との思いから簡単にできて栄養にも配慮したレシピ提案もしている。

(ITmedia エグゼクティブ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140814-00000003-zdn_ep-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

出勤前はお気に入りの靴が楽に履けたのに夕方になるときつくなるってこと、ないですか?

我慢できないむくみ!

ひどいと靴下の履き口ゴムの跡が数時間経ってもクッキリ残ったりしませんか?

びっくりするくらいスッキリ!むくみの無いカラダを手に入れる!!

正しいリンパ浮腫ケアの実践方法とは?






むくみのない身体へ開放させたプロのセラピストが考案しました

むくみのない身体を手に入れる!!1日3分即効リンパマッサージ